人気ブログランキング |

森山直太朗&御徒町凧ファンのsakuraが日々の思いを綴っていこうかな…と思っています。


by sakura5429
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Interview File 「cast」

 
今朝の新聞のインタビュー記事に…
直太朗さんの
世界遺産としての姫路城に対する思い
ライブに向ける意気込みを知る事が出来て…
ア~ァ…行きたいなぁ…
って改めて思った今です...
せめて3日だったら行けたのに(涙) 
 
インタビューに答える直太朗さんの
動きのある写真が素敵ですね(^^)
 
 
と…インタビューで思い出しちゃいました。
インタビュー記事満載の「cast」です。
1年に2回発刊(だと思うけど)されるこの雑誌は
昨年まで4年続けて9月発刊の号に掲載されて
いつもは語らない事も知る事が出来て
貴重な雑誌ですよね。
 
昨年は凧さんの単独インタビューがあって
凧さんの色々な思いを知る事が出来て嬉しかったです。
 
振り返って…
物凄く長い記事なので主題だけですが。
☆2003年28号
「さくら(独唱)」のヒット中4月のインタビュー。〈音楽感〉
☆2004年30号
アルバム「新たなる香辛料を求めて」リリース直前のインタビュー。〈アルバムに込めた思い〉
☆2005年32号
ライブツアー「君は五番目の季節」中のインタビュー。〈インディーズで初めて作品をリリースしてから5年目、劇場公演「森の人」ベストアルバム「傑作撰」シングル「小さな恋の夕間暮れ」の徹底的検証〉
☆2006年34号
この号は表紙も直太朗さんで巻頭特集でした。
なんとトータル5時間にも及ぶ取材だったそうです。
シングル「風になって」リリース直前のインタビュー。
〈第一部:近況を含むこの1年の動きと新曲について〉
〈第二部:30歳になった彼の幼少期からの足跡〉
〈第三部:創作パートナーである御徒町凧に単独取材〉
 
34号は読みごたえがありました。
 
ところで…この雑誌
辞書のように厚いのです。
直太朗さんの記事もかなりのページ数あって
音楽誌のように記事だけ切り取ってファイルなんて出来ないのです。
 
故に4冊…書棚にドーンと並んでいます(笑) 
そろそろ再登場する頃かなぁ…
と思っています。
 
「cast」は限定書店か通販でのみの販売でした。
 
by sakura5429 | 2007-10-17 14:55